DOPPELGANGERのシングルサイドバッグを購入【CB250R】

趣味

ユージン@EffectiveLifeです。

ドッペルギャンガーの『ターポリンシングルサイドバッグ』を購入したので、CB250Rに取り付けたレビューをしてみたいと思います。
キャンプのためにこちらの商品を購入してみたのですが、普段のちょっとした買い物にも便利そうです!

購入した商品: ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ターポリンシングルサイドバッグ 【片持ち装着のバイク用防水バッグ】 容量14L 装着用ベルト・脱落防止ベルト付き DBT508-BK

シングルタイプのものにした理由

まずこの商品を選んだ理由としては、マフラーの熱が怖かったので両サイドにつけるタイプのサイドバックではなく片側のシングルのものにしました。

Twitterなどでたまにマフラーの熱で溶けてしまったり燃えてしまったという報告を見ることがあったので、高速道路を走ることなどを考えると自分も十分発生しそうだと思いました。

CB250Rへの取り付け

早速取り付けてみました。

「固定ベルト(デイジーチェーンアタッチベルト)」の取り付けは、後部シートを外して装着することで問題なくできました。
あとはターポリンバックをフックで吊り下げて、「前方固定ベルト」で二人乗り用のステップと接続すれば完了です。

「後方固定ベルト」は今のところあまり必要性は感じていないため使用していません。
縦の大きさもそれほどないので、しっかり上部につけておけばタイヤに接触するということはなさそうです。

大きさはW39×D14×H30cmで容量が14Lあるので、ヘリノックスチェアやアウトドテーブルなども入れることが出来ました!

TanaxのKシステムベルトも併用することができたので、ミニフィールドシートバックの27Lと今回のサイドバックの14Lで大きく積載量を増やすことができたと思います。

ロールトップなので防水性能はとても高そうですが、荷物の頻繁な取り出しなどには向いてないのがネックですね。

まとめ

これで、キャンプツーリングもなんとかできる積載量が確保できたのではないかと思っています。
マフラーと反対側への取り付けで燃える心配もないので安心して使っていけると思います。
また、このサイドバックだけならバイクのフォルムを崩さないで済むので、ちょっとした買い物などにも使うようになりました。

CB250Rの積載で困っている人がいればオススメの製品だと思うのでこの記事が参考になったら嬉しいです!