【Anker Soundcore Liberty Air】Amazonブラックフライデーでワイヤレスイヤホンを購入レビュー

ガジェット

ユージンです。

今回は、Amazonブラックフライデーでワイヤレスイヤホンを購入したので、レビューしてみたいと思います。

以前から有線イヤホンの配線コードが煩わしくて、ワイヤレスイヤホンに憧れていました。
本当はノイズキャンセリングのついていてるソニーのWF-1000XM3やAirPods proが欲しかったのですが、金額的になかなか手が出せませんでした…
そんなところに、ちょうどブラックフライデーでAnkerセールをやっていたのでここぞと買ってしまいました。

Ankerの製品は以前から気に入っていて、モバイルバッテリーやPC周辺機器でよく購入していました。値段の割りにデザインが良く、性能も高いのでコスパのいいおすすめのメーカーです!

今回購入した製品は Anker の 『Soundcore Liberty Air』 というものになります。
(※最近発売されたSoundcore Liberty Air 2ではありません。)

Anker Soundcore Liberty Air

セール中の値段は¥6,999→¥4,999となっていました。
この製品にした一番の決め手はデザインがシンプルでかっこよかったところです。

開封

まずはパッケージの開封からです。

パッケージはこんな感じ
開くとおしゃれに製品が入っています
内容物一式

外観

本体の外観について見ていきましょう!

製品は本当にコンパクトで、簡単に持ち運ぶことができます。
ケースはマットブラックで質感がいいです。
イヤホン本体は少し光沢があります。シンプルでかっこいいです。
デザインや質感はなかなか良いのではないかと思います。
つけるとこんな感じでした。非常に軽くて楽だと思います。
これをつけたまま通勤してみましたが、快適に使うことができました。

音質

音質のほうはどうでしょう?

カナル式のイヤホン
イヤーパッドを外した状態

音質は、最初に開けてすぐ試した時はもわっとした音で「ヤバイ、失敗したかな」と思いましたが、数時間音を鳴らしてエージング?すると低音と高音が出はじめてだいぶ良くなりました。

その後数日使ってみましたが、これはそんなに音質の良いイヤホンではないです。高音質を求めて購入するとがっかりしてしまうかもしれません、、有線のイヤホンだと2~3千円程度の音質なのかなと思います。
これまでは5千円前後の有線イヤホンを使っていたので、それと比べてしまうと高音や低音の響きが少なく物足りなく感じてしまいました、、

もちろん今回の価格で、ワイヤレス機能やマイク機能がついているわけですから、金額にくらべれば十分満足のできる音質かとは思います!

ワイヤレス機能

肝心のワイヤレス機能ですが、1日に何時間も使用していても接続が切れることはなく問題ありませんでした。
これまでは有線ワイヤレスのコードが邪魔に感じることがあったので、そのストレスがなくなりとても快適になりました:)

ただ、やはり数十ミリ秒だけ遅れて聞こえてしまうため、動画再生などでは口の動きと合っておらず最初は少し違和感があるかもしれません。

メリット・デメリット

最後にSoundcore Liberty Airのメリット・デメリットについてまとめてみます。

メリット

  • コードがなくなって快適!
  • コンパクトで持ち歩き易い
  • デザインがシンプルでかっこいい

あと、バッテリーについては単体で7時間持ち、ケースを入れて28時間もあるので問題ないかと思います。

デメリット

  • 音質が良いわけではない…
  • 接続操作がわかりにく部分があり慣れが必要。(説明書は日本語もあるので、しっかり読めば大丈夫)

また、他にも購入する前の注意点として、次のようなものがあるかと思います。

  • 充電はmicroUSBで、無線充電にも対応していない。
  • 今話題のノイズキャンセリングなどの機能はない。
  • 先日新しいモデルがでたので、今買うならそっちの方がいいかも。Anker Soundcore Liberty Air 2

買ってよかったか?

はい、とても満足しています:)
ちょっとした移動や上着を着る時などにいちいちコードを気にしなくてよくなったのは新鮮で快適な体験となっています。
また想像以上にコンパクトで、ポケットやカバンの中でコードが絡まる心配もないため、持ち歩くのにもとても便利です。

この機能とデザインで¥5,000以下の価格で手に入るのはかなりコスパが良いのではないかと思います。

今後は音質を求めて高価なものも欲しくなりそうですが、お金に余裕ができたらまた購入したいと思います。